けれどSガン

ども、台風一過。被害出てる地域の方々は大変でしょうが、とりあえず私の周りは問題なし。
連休で台風で引きこもってたのでけっこ進んだ。
まず連射型ビームスマートガン
20170919gy 001
先から。カバーは0.5ミリプラ板微妙に曲げつつ取り付け。下のフックはやわい針金で。
サイドのカバーは1.0ミリプラ板。下の曲面はペンチで少しずつ曲げてった。
20170919gy 00220170919gy 003
ピボットは適当にジャンクから。サフ吹きしたらいい感じです。
20170919gy 004
先が重いのでどうしても下がります。

さて、銃が目途立ったので本体いぢるべ。
20170919gy 00520170919gy 007
胸部Iフィールド下のモールドが小さいのでランナーとプラ板ででかくする。
腰の翼部分は裏埋めて表面は垂直翼0.5ミリプラ板で形取って貼り付けます。
クルーザー時機首になる部分は切って1.0ミリプラ板3枚重ねて先にバーニアパーツ取り付けてちと伸ばす形にします。
20170919gy 01720170919gy 018
こんな感じ。そんなにイヂらなくても良さげなので、ディテールアップ最低限して仕上げる方向は変更なしで。
これで見ても股関節はあまり目立たないのでフレームは最低限にすることにしました。
20170919gy 020
プラ板5ミリに切って股間部分に接着、上部に5ミリプラ棒切って貼り付けて整形します。
これならキットの関節まんま使えるので強度の保持と工作量減ります。従って大腿部はこのまま合わせ目消しておわり。
ちゃんと最低限八の字に開くのは確認済み。
Ex-Sは重いし複雑な形だから強度が心配なので切った貼ったしたくないのでね。
そうそう、後部主翼から伸びるフレームもプラ板とポリパテで作り直しました。ちゃんとスタビレーター基部まで伸ばしてます。
あとは合わせ目出るパーツひたすら接着して放置。後日ぼちぼちと整形してきます。

連休中の模型はこんなですね。あとは漫画読んだりセンチネル本読んだりしてました。
ぢゃ、今日はこんなとこで。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

COUNTER
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3855位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
507位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
Amazonサーチ
Amazon検索
Amazon商品一覧【新着順】
プロフィール

KOTO

Author:KOTO
長いだけの模型歴でひたすら作りたいものを組んでます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Amazon