C11 207号

ヤマト2199 地球艦隊は艦名を残す所となりました。
画像的に面白くないので、本日は1年前に組んだC11型蒸気機関車207号についてしとつ。
C11207002.jpg
アリイの1/50 C11 207号です。
C11207001.jpg

地元に来るイベントがあったので、組みました。いっぺん蒸気機関車作ってみたかったのでいい機会なので思い切って購入。
キットはかなり古いのですが、まだAmazonで買えます。バリ、ヒケ、ズレは覚悟の上だったのですが、このC11型は思ったより少ない感じです。D51やC62は大変らしいとのお話をきいています。前の部分や下回りはともかく、基本的に炭水部分の形状が全く違います。プラ板で形状変更です。
C11207003.jpg
仮組を繰り返し確認。少ない資料とにらめっこ。全体写真はネットでも多くでていますが、ボイラー部分のパイプだとか屋根だとかの部分的なものだけの写真などと言うマニアックなものなぞ当然なく。それっぽく作るしかないです。幸い、隣の市に違う形ですがC11型が展示してあるとの情報があったので写真撮りに行きました。はた目から見たら変な所しか撮らない怪しい人に見えたであろう。ま、かなり参考になりました。
C11207004.jpg
運転席も同様です。アフターパーツのバーニア、リベット、シリンダー等を組み合わせてそれらしく。どうせ窓からしか見えない。ここも実物見れたから組めた部分です。
C11207005.jpg
前方もそれなり。ボイラー部分はパイプのハイピングがキモだと思う。しかしたぶん見てきたヤツと207号とではハイピングは違うだろうと思うが、いかんせん資料が少ないのでそれなりに。100円ショップで太さの違うコードやら線やら購入して無理矢理取り付けます。
ちょっとだけ動きをつけたくて、運転席は左側だけ窓スライドさせてドア開けることにしました。プラ板大活躍。
C11207007.jpgC11207006.jpg
細かいパーツはほぼ使えないのでプラ板でちまちまと制作です。ステップ類を取り付けるととたんにいい感になり、モチベが上がります。そうそう、動輪などのメッキはブリーチで落として塗装です。下回りは手が出ないので基本そのままです。
207号はライトが2つで「カニ目」の愛称で呼ばれているそうで・・・ライトパーツも使えないのでバーニアとクリアレンズ組み合わせてでっち上げます。4つもめんどくさいが数少ない見所のひとつだし。蒸気機関車は黒1色だからねぇ。よく見ると細かいパーツの集合体ってな感じなので手を入れた分だけ報われる感じがします。まぁ古いキットだから基本の再勉強になります。おかげでプラ板組む楽しさを再認識させられました。マニアの域までは往ってない。
C11207008.jpgC11207009.jpg
完成。制作期間は3~4週だったか。
塗装はタイヤブラックかラバーブラックだったか。ちょっとやわい黒で。
ここまで仕上げて、ケース購入して入れようとしたら・・・・台座の高さを計算していなくて、余ってた土台無理やり切り飛ばして収納しました。最後の最後まで苦労しっぱなしでした。
前後のプレートはネットから拾ってシールに印刷したもの。

とりあえず「らしく仕上げる」が目標でしたので資料的価値はないです。そうでないと完成しないでしょう。とにかく仕上げてナンボですから、私の模型は「安易妥協」で楽しんでいます。

そんなわけで今日も模型です。明日も貼ります。よろしうに。
スポンサーサイト

バンシィヘッド

今月のホビージャパン付録
20130329ff 001
店に行ったら店頭売り切れ。店員に言って在庫、奥から持ってきてもらい購入。人気あんのか?
ま、ただ組んでみた。ついでに昔のユニコーンとシナンジュも探して引っ張り出してきた。
ううむ・・・・仕上げるか。ゼータの時は面白かったし。
Zgun01.jpg
ちなみにこんな仕上げ。
並べると面白そうなので遊んでみよう。
・・・クリアの部分、どうしようかな?

貼り付け実験

先日購入したシナンジュ・スタイン。大半新規パーツでしたが組みやすかった。完成したので、後日貼ります。とりあえずブログの色々試しています。まだよく分かってない。


悪戦苦闘

悪戦苦闘
まだブログ始めたばかりなので、どこをいじれば良いか手探りな状態です。とにかく手を動かそう。画像は以前組んだグフ。YMS-07の方は組んだだけ。無塗装です。MS-07B3はボディ色だけ塗りました。どうも成型色まんまだと濃い感じなのでそこだけ。あと手だけザクから持ってきて移植してます。キットまんまじゃ辛いので。いじったのはそれだけかな。
さて、これからまたブログいぢって慣れていきます。よろしうに。
COUNTER
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1645位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
212位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
Amazonサーチ
Amazon検索
Amazon商品一覧【新着順】
プロフィール

KOTO

Author:KOTO
長いだけの模型歴でひたすら作りたいものを組んでます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Amazon